お問い合わせはこちら オンライン予約はこちら

腰痛改善させるには背骨を動かせ!脊柱と自律神経の関係性|池上...

腰痛改善させるには背骨を動かせ!脊柱と自律神経の関係性|池上...

2023/09/03

腰痛改善させるには背骨を動かせ!脊柱と自律神経の関係性|池上の整体院 セルフケアアドバイスセンター ~からだ塾~

こんにちは
セルフケアアドバスセンター〜からだ塾〜の宮入です。

本日はとても大事なお話です。

当センターも施術やセルフケアで大事にしている
『脊柱』🟰『背骨』
頭と骨盤を繋いでいる部分ですね。

ここの動きがなぜ大事なのかお話します。

・お尻が硬いからお尻をほぐす
・太ももが張るから太ももをマッサージ
・ふくらはぎがパンパンだからふくらはぎを施術
・腰が張るから腰を揉む

これは間違ってはいないのですが、
対象となる部位だけでは
すぐに元に戻ってしまったり、
そもそも良くならない。

こんなことは日常茶飯事です。

ではどうすれば良いのか?
そう脊柱!つまり背骨も動かすこと!

なぜかというと、

脊柱と自律神経には深すぎる関係があるのです。

よく聞く自律神経はどこにあると思いますか?

交感神経は背中にあります。

背骨の近くの両側には交感神経幹というものが走っており、
脊髄から出た神経繊維はここに入って各臓器や各部位へ分布しています。

【自律神経】
人間の内臓の動きや代謝、体温調節などを
本人の意思とは関係なくコントロールしています。
自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、
バランスを保つことで体の状態を保っていますが、
痛みやストレス状態では
交感神経が優位になり呼吸や心拍数が速くなります。
血管は収縮(縮み)し血流が悪くなります。
そうすることでより腰痛など痛みが出ているところは治りにくくなり、
この状態が続くと睡眠不足、食欲低下または過多、便秘や下痢と
自律神経の乱れに繋がってしまうのです。

●循環の司令塔である自律神経

このように自律神経が乱れ循環が悪い状態では、
腰やお尻や太もも、ふくらはぎといった
特定の部位だけをほぐしても改善に繋がりにくいのです。

なので自律神経を整えていくことで
血管は広がりやすくなり循環は高まる。
痛みがが出ている部分にも血流が届き改善しやすくなる。

このようなメカニズムが私たち体にはあるのです。

冒頭にもお伝えした、

ではどうすれば良いのか?
そう脊柱!つまり背骨も動かすこと!

これが重要となります!

ぜひ、当センター推奨の
背中回りのセルフケアを取り入れて
腰痛など痛みを改善させていきましょう。

大田区池上の整体院
セルフケアアドバイスセンター~からだ塾~は、

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
✅繰り返し腰痛、ぎっくり腰、産後腰痛でお困りの方
✅自分でもどうにかしたいけど何をしたらよいのか分からない方
✅腰痛を管理し仕事や趣味、余暇活動を全力で行いたい方
✅反り腰、猫背、巻き肩と姿勢でお困りの方
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

このような方々のお力になるためにあります。
→お気軽にDM✉または公式LINE(プロフィール欄のリンク)よりご相談ください。
→コメントでも大丈夫です。

あなたに合った施術、セルフケア方法やトレーニングで改善していきましょう👍

からだのプロフェッショナル
理学療法士が手がける 痛み改善に特化した施術
【整体】×【セルフケア】×【トレーニング】
池上駅徒歩1分、マックのビル6階

#池上#池上整体#理学療法士#セルフケア#ストレッチ#トレーニング#カウンセリング
#腰#腰痛#繰り返しの腰痛#ぎっくり腰#産後腰痛#反り腰#猫背#巻き肩
#脊柱#背骨#自律神経#交感神経#副交感神経#交感神経節#循環が高まる#血管が広がる


無理なく池上でトレーニング 池上で健康を維持するセルフケア ストレッチの仕方を池上で伝授 ご予約はこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。