お問い合わせはこちら オンライン予約はこちら

【寝起き腰痛】朝の腰痛はなぜ起こるのか?腰椎の位置に関係があ...

【寝起き腰痛】朝の腰痛はなぜ起こるのか?腰椎の位置に関係があ...

2023/08/24

【寝起き腰痛】朝の腰痛はなぜ起こるのか?腰椎の位置に関係がある?|池上の整体 セルフケアアドバイスセンター ~からだ塾

一日の始まり。

そろそろ起きるとするか…

「う~、いてててて」

なぜか腰あたりが痛い。

そうまさにこれが、

「寝起きの腰痛」

経験したことある方も多いのではないでしょうか。

でもなぜ?
寝起きに腰痛が起こるのか?

その原因として、

身体の構造に特徴的な場所があるのです。

痛みがでやすい腰椎部分は、
肋骨が付着している胸椎部分と骨盤の間に
位置しております。

分かりやすく言うと、
くびれの部分になります。

模型の骨だけでみると、
腰椎部分には背骨以外なにもありません。

隣接している他の骨もないため、
布団やベッドへ横になっている状態でも
重力の影響を受けやすく、
上から下へずれるストレスがかかります。

ということは、
うつ伏せでは反り腰のようになり、
横向きでは腰が下方へたわむような状況になります。

さらに横向きでは、
骨盤の形状は横に広さがあるためさらにたわみが強くなることが
容易にイメージできるのではないでしょうか。

一度横になり、
皆さんもうつ伏せや横向きで感じてみてください。

一時的な姿勢であればともかく、
この姿勢が長時間続くとなると、
圧迫や伸ばされるストレスが加わり続け、
腰回りは悲鳴を上げてしまいます。

活動している時だけではなく、
寝ている時でも、
寝返りが少ない方は特に持続的なストレスが加わり、
圧迫されたまま、伸ばされたままで
「動かない状態」「不動状態」となるのです。

その結果、
循環も悪くなり腰痛症状が出現してしまうのです。

動き始める前にて、
ぜひ動画のセルフケアを取り入れ、
気持ちのよい朝のスタートへ繋げましょう!

他にも、
睡眠中の姿勢の特徴、寝具の種類や形状、睡眠時間や質、寝返りの回数、骨以外の筋肉などの支える力
これら複数の影響を受けることもあります。

腰回りのセルフケアを取り入れても、

・すぐに症状が繰り返してしまう方
・やってみたけど症状がいまいち改善しない方

一度当センターにご相談ください。ぜひお力にならせて下さい。
→DMでもLINEでも受け付けております。

寝起きの腰痛を改善させて、毎日気持ちよく目覚めてみませんか?

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
✅寝起き腰痛、繰り返し腰痛、ぎっくり腰、産後腰痛でお困りの方
✅腰痛は一生付き合っていくものだと思っている方
✅自分でもどうにかしたいけど何をしたらよいのか分からない方
✅腰痛を管理し仕事や趣味、余暇活動を全力で行いたい方
✅腰痛は良くなったけど反り腰、猫背、巻き肩と姿勢でお困りの方
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

\*. 重要なお知らせ📢 .*/

現在、特別資料公開に向けて準備中です!
理学療法士が長年の施術経験で得た知識・技術をもとに作成
テーマ:「老化している体」を若返らせる方法
期間限定で人数限定で配信予定。
(※9月下旬に特別公開予定)

ご興味のある方、ぜひLINE登録をしてください!
公開と同時に無条件で資料をお渡しします。

↓LINE登録後に「資料」とメッセージください↓
https://lin.ee/9fjgfwP

理学療法士が手がける 痛みの改善に特化した施術
【整体】×【セルフケア】×【トレーニング】
セルフケアアドバイスセンター~からだ塾~にお任せください。

あなたにあった施術、セルフケア方法やトレーニングで改善していきましょう👍

#池上#池上整体#理学療法士#セルフケア#ストレッチ#トレーニング#カウンセリング
#腰#腰痛#寝起き腰痛#繰り返しの腰痛#ぎっくり腰#ギックリ腰#産後腰痛#反り腰#一次予防#対症療法#運動療法


無理なく池上でトレーニング 池上で健康を維持するセルフケア ストレッチの仕方を池上で伝授 ご予約はこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。